アメリカン・ルーツ・ミュージックの新たなる地平 by" The Thorns":evergreen
FC2ブログ

フリーエリア

フリーエリア

最新記事

最新コメント

フリーエリア


相互リンク 検索エンジン登録

フリーエリア

フリーエリア

人気ブログランキングへ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

サイトマップラス
Powered by SEO対策

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
ROCK (14)
R&B (3)
JAZZ (0)
J-POP (1)
JAZZ FUNK (1)
ORGANIC (1)
SMOOTH JAZZ (1)
BLUES ROCK (3)
BLUES (1)

月別アーカイブ

プロフィール

shugogogo

Author:shugogogo
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

evergreen

アメリカン・ルーツ・ミュージックの新たなる地平 by" The Thorns"

JUGEMテーマ:ROCK


今回紹介したいのは、アメリカの、The Thorns(ザ・ソーンズ)による、現時点での唯一のアルバム『The Thorns』(2003年発表)。
このThe Thornsは、バンドというよりは、「プロジェクト」と言ったほうがしっくりとくるだろう。

それぞれ個々で活動するシンガー・ソングライター3人(Matthew Sweet, Shawn Mullins,
Pete Droge)の集合体が、このThe Thornsなのである。
彼らが何をキッカケに出会い、一緒に楽曲を作るようになったのか理由は不明だが、3人には、”アメリカン・ルーツ・ミュージックを基盤とした、メロディアスなポップ・ソングを歌うシンガー・ソングライター”という大きな共通点がある。
その共通点を考えると、互いに”同志”として惹かれ合ったであろうことは容易に想像がつく。
その3人が組んで奏でられる至福のメロディ、美しく澄み切ったヴォーカル・ハーモニーは、
まさに「絶品!!!」と思わず手を叩いて喜んでしまいたくなるほどの素晴らしさ。
ここには、スリルや、革命や、刺激的な何かなどは存在しない。
あるのは、感動的なほど素朴でシンプルに美しいメロディとヴォーカル・ハーモニーだ。
Brendan O'Brienによるプロデュース・ワークも、お見事!と言うほかない。
まさに永遠に輝き続ける”evergreen”な音楽がここにある。
音楽を心から愛してやまない人にこそ、聴いてもらいたい名盤だ。

彼らが今後またこのプロジェクト”The Thorns”で作品を発表するかどうかはわからない。
この1枚で終わってしまうかもしれない。
そしたら僕は、墓場までこの珠玉の一枚を持っていくことだろう。

The ThornsのOfficial HPは既に無くなっていたが、YouTubeでいくつか質の高い音源を発見したので、興味のある方はご参考までに。↓

『I Can't Remember』
http://www.youtube.com/watch?v=cG29lfUxYMs&feature=related

『No Blue Sky』
http://www.youtube.com/watch?v=WpE8oU8o8PA&feature=related

<追伸>
アルバムの購入を検討される方は、最上部Amazon.co.jpへのリンク画像からの購入がオススメ。
これは特別に2枚組のセットとなっていて、DISC2では、全13曲のフル・アコースティック・セッション、"Acoustic SUNSET SESSION”も楽しめます。
スポンサーサイト

evergreen

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shugogogo.blog85.fc2.com/tb.php/3-9c145822

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。