ほとばしるBlues魂!      ~ Rory Gallagher  (Pt.1)~              :evergreen
FC2ブログ

フリーエリア

フリーエリア

最新記事

最新コメント

フリーエリア


相互リンク 検索エンジン登録

フリーエリア

フリーエリア

人気ブログランキングへ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

サイトマップラス
Powered by SEO対策

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
ROCK (14)
R&B (3)
JAZZ (0)
J-POP (1)
JAZZ FUNK (1)
ORGANIC (1)
SMOOTH JAZZ (1)
BLUES ROCK (3)
BLUES (1)

月別アーカイブ

プロフィール

shugogogo

Author:shugogogo
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

evergreen

ほとばしるBlues魂!      ~ Rory Gallagher  (Pt.1)~              

 

さて、今回紹介したい名作は、アイルランド出身の”熱血”Blues Guitarist、

Rory Gallagher (ロリー・ギャラガー)のアルバム、「Against The Grain」 

(オリジナルは1975年発表、1999年リマスター)

 

僕がRoryの音楽に初めて触れた時、Roryはもう既に故人であった。

今から十数年前、”ワイト島ポップ・フェスティヴァル”の映像が解禁になった時、

NHK-BSで、ピーター・バラカンさんをホストに、数名の音楽関係者のゲストを迎え、

放送されたものを観たものである。

何気なく観ていたのだが、あるバンドの演奏に、僕の目と耳は釘付けになった。

そのバンド名は、”Taste” (テイスト) 。

とにかく、フロントマンの、豪快なギター・プレイと、溌剌としたヴォーカルに、

ただただ「すげぇぇぇぇぇ!!!」と思ったものである。

その際、テレビ画面の下に、テロップが流れ、

「ロリー・ギャラガーを中心に結成されたBlues Rockバンド」、要約すればそんな感じだった。

翌日、僕はすぐに近所のショップに走り、Taste及びRoryのアルバムを探した。

そのショップで唯一見つけることができたのが、今回紹介したいアルバム、『Against The Grain』だった。

早速購入し、自宅でこのアルバムを聴いた。

・・・・・1曲目『Let Me In』で、既に僕の興奮状態はMAXに。

・・・というのが、僕がRoryの音楽との出会いであった。

 

僕は一応、へなちょこな腕前ではあるが、ギターを弾くのが大好きだ。

僕にとっての、生涯No.1ギタリストがRory Gallagherである。

それは本当に、命尽きるまで変わることがないだろう。

 

さて、話はRoryの残したアルバムについて少し解説を。

Roryの真骨頂と言えば、”ライヴ”にあることに間違いは無く、

これまで発表されたライヴ盤は、どれも傑作揃いだ。

例えば、『Live In Europe』、『Irish Tour '74』、『Stage Struck』などが代表的だ。

スタジオ録音盤で言うならば、一般的には、『Tatoo』、『Blue Print』、『Calling Card』

あたりが傑作とされているが、僕は敢えて、この『Against The Grain』を挙げたい。

このアルバムは、それぞれの楽曲がヴァラエティに富んでいて、聴く者を全く飽きさせない。

1曲目『Let Me In』では、疾走感溢れる、パワー全開のロックンロール、

2曲目『Cross Me Off Your List』では、Jazzyな要素を取り入れ巧みな演奏を聴かせてくれ、

4曲目『Souped-Up Ford』では、豪放なスライド・ギターが堪能できる、”熱血”Blues Rock、

5曲目『Bought And Sold』では、POPでリズミカルなロックンロール、

3曲目『Ain't Too Good』、7曲目『Lost At Sea』、8曲目『At The Bottom』では、

ミディアム・テンポの美しいメロディ、

6曲目『I Take What I Want』 (Sam & Daveのカヴァー)では、豪快なロックンロールにアレンジされた、

アドレナリン噴出必至の超絶カヴァー、

9曲目『Out On The Western Plain』では、極上のAcoustic Bluesが堪能できる・・・・・

等々、リスナーを全く飽きさせない名作となっている。

 

十数年前、このアルバムに出会って以来、今でもしょっちゅう聴いている、とてもゴキゲンなアルバムである。

また1999年のリマスタリングではあるが、これがまた実に素晴らしい。

それ以前の音源とは比べられない程、サウンドが向上している。

以前の記事にも書いたが、昨今のリマスタリング技術には、ただただ驚かせられるばかりである。

 

↓では、アルバム『Against The Grain』収録曲のライヴ映像をご覧頂こう。

 

★ 『Souped-Up Ford』

 

★ 『Bought And Sold』

 

★ 『I Take What I Want』

 

★ 『Out On The Western Plain』

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

evergreen

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shugogogo.blog85.fc2.com/tb.php/28-a6c0702c

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。