evergreen

フリーエリア

フリーエリア

最新記事

最新コメント

フリーエリア


相互リンク 検索エンジン登録

フリーエリア

フリーエリア

人気ブログランキングへ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

サイトマップラス
Powered by SEO対策

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
ROCK (14)
R&B (3)
JAZZ (0)
J-POP (1)
JAZZ FUNK (1)
ORGANIC (1)
SMOOTH JAZZ (1)
BLUES ROCK (3)
BLUES (1)

月別アーカイブ

プロフィール

shugogogo

Author:shugogogo
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

evergreen

ほとばしるBlues魂!      ~ Rory Gallagher  (Pt.1)~              

 

さて、今回紹介したい名作は、アイルランド出身の”熱血”Blues Guitarist、

Rory Gallagher (ロリー・ギャラガー)のアルバム、「Against The Grain」 

(オリジナルは1975年発表、1999年リマスター)

 

僕がRoryの音楽に初めて触れた時、Roryはもう既に故人であった。

今から十数年前、”ワイト島ポップ・フェスティヴァル”の映像が解禁になった時、

NHK-BSで、ピーター・バラカンさんをホストに、数名の音楽関係者のゲストを迎え、

放送されたものを観たものである。

何気なく観ていたのだが、あるバンドの演奏に、僕の目と耳は釘付けになった。

そのバンド名は、”Taste” (テイスト) 。

とにかく、フロントマンの、豪快なギター・プレイと、溌剌としたヴォーカルに、

ただただ「すげぇぇぇぇぇ!!!」と思ったものである。

その際、テレビ画面の下に、テロップが流れ、

「ロリー・ギャラガーを中心に結成されたBlues Rockバンド」、要約すればそんな感じだった。

翌日、僕はすぐに近所のショップに走り、Taste及びRoryのアルバムを探した。

そのショップで唯一見つけることができたのが、今回紹介したいアルバム、『Against The Grain』だった。

早速購入し、自宅でこのアルバムを聴いた。

・・・・・1曲目『Let Me In』で、既に僕の興奮状態はMAXに。

・・・というのが、僕がRoryの音楽との出会いであった。

 

僕は一応、へなちょこな腕前ではあるが、ギターを弾くのが大好きだ。

僕にとっての、生涯No.1ギタリストがRory Gallagherである。

それは本当に、命尽きるまで変わることがないだろう。

 

さて、話はRoryの残したアルバムについて少し解説を。

Roryの真骨頂と言えば、”ライヴ”にあることに間違いは無く、

これまで発表されたライヴ盤は、どれも傑作揃いだ。

例えば、『Live In Europe』、『Irish Tour '74』、『Stage Struck』などが代表的だ。

スタジオ録音盤で言うならば、一般的には、『Tatoo』、『Blue Print』、『Calling Card』

あたりが傑作とされているが、僕は敢えて、この『Against The Grain』を挙げたい。

このアルバムは、それぞれの楽曲がヴァラエティに富んでいて、聴く者を全く飽きさせない。

1曲目『Let Me In』では、疾走感溢れる、パワー全開のロックンロール、

2曲目『Cross Me Off Your List』では、Jazzyな要素を取り入れ巧みな演奏を聴かせてくれ、

4曲目『Souped-Up Ford』では、豪放なスライド・ギターが堪能できる、”熱血”Blues Rock、

5曲目『Bought And Sold』では、POPでリズミカルなロックンロール、

3曲目『Ain't Too Good』、7曲目『Lost At Sea』、8曲目『At The Bottom』では、

ミディアム・テンポの美しいメロディ、

6曲目『I Take What I Want』 (Sam & Daveのカヴァー)では、豪快なロックンロールにアレンジされた、

アドレナリン噴出必至の超絶カヴァー、

9曲目『Out On The Western Plain』では、極上のAcoustic Bluesが堪能できる・・・・・

等々、リスナーを全く飽きさせない名作となっている。

 

十数年前、このアルバムに出会って以来、今でもしょっちゅう聴いている、とてもゴキゲンなアルバムである。

また1999年のリマスタリングではあるが、これがまた実に素晴らしい。

それ以前の音源とは比べられない程、サウンドが向上している。

以前の記事にも書いたが、昨今のリマスタリング技術には、ただただ驚かせられるばかりである。

 

↓では、アルバム『Against The Grain』収録曲のライヴ映像をご覧頂こう。

 

★ 『Souped-Up Ford』

 

★ 『Bought And Sold』

 

★ 『I Take What I Want』

 

★ 『Out On The Western Plain』

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

evergreen

日本最強のRock Guitarist Unit、渾身の大傑作。                ~ 麗蘭 ~

 

前回、日本が誇る最強ロックンロール・トリニティ、”The Groovers”を紹介したとこる、

何人かの方々から、非常に好意的なご意見、ご感想を頂いた。
(メッセージを届けてくれた皆さん、ありがとうございました!)

だから、というわけではないけれども、

今回もJapanese Rockの名作を紹介したいと思う。

 

今回紹介する作品は、”麗蘭” (れいらん)の2ndアルバム、

SOSが鳴ってる』(2004年)。

 

まずは、麗蘭というユニットについて少し説明を。

麗蘭は、元RCサクセションのギタリスト、仲井戸”CHABO”麗市と、

元The Street Slidersのギタリスト、土屋”蘭丸”公平の二人のギタリストのユニット。

二人の名前及びニックネームが由来となり、ユニット名は、”麗蘭”。

ここで勘違いして欲しくないのは、ギタリストのユニットであるから、

ギター・プレイ、テクニックを前面に押し出したユニットでは・・・と思われる方も居るかもしれないが、

それは大きな間違い。

確かに、二人とも日本を代表するロック・ギタリストであるものの、

飽くまで、メロディや歌詞、ロックンロールのダイナミズムに重きを置いたユニットである、ということ。

 

今回紹介したいアルバム、『SOSが鳴ってる』は、実に13年ぶりにリリースされた2ndアルバム

アルバムのオビには、こんなキャッチ・コピーが。↓

「大人になってしまったロックンロールエイジに贈る、永遠のゲットバック・アイテム」

この文言は、このアルバムの内容を極めて端的に、的確に表現している。

現在30代~50代くらいの、かつて若き頃に”ロックンロール・ミュージック”に夢中になった、

いわゆる”大人になってしまった”世代のハートにガンガン突き刺さってくる名曲のオンパレード

繰り返すが、演奏はもちろんのこと、何よりも、メロディ、歌詞が「グッ!」と来る

(ちなみに僕は現在、30代半ば)

 

これぞ、Japanese Rockの名盤である!

 

アルバム『SOSが鳴ってる』から、今回、音源及び映像を紹介するのは3曲。

このアルバムは、本当に佳曲揃いなので、もっと多くの曲を紹介したかったのだが、

3曲のみの紹介に留まるに至ったことは少々残念。

だが、以下に紹介する3曲も、全て佳曲なので、是非楽しんで頂きたい。

特に注目して頂きたいのは、歌詞。

これを読んでくださっている貴方が、”大人”ならば、

これらの曲の歌詞には、少なからず共感を覚えるはずだ。

紹介する曲は、『Get Back』、『天の川サーフ』、『R&R Tonight』。

 

● 『Get Back』では、”長い夜に嘆くのはもう終わりにして、いつかのあのメロディを口ずさもう”

と、かつて夢中になった音楽に対する憧憬の心情と共に、

ひたすら人生をサヴァイヴしていこう

という内容の歌詞を、イキの良い、痛快なロックンロールな演奏に乗せて歌われている。

 

● 『天の川サーフ』は、クールでリズミカルな演奏の上で、

ファンタジックで清々しい歌詞が乗った、ゴキゲンなLove Song。

このライヴ映像では、二人のギターの掛け合いも大きな見所!

 

● 『R&R Tonight』は、このアルバムのラストを飾る、壮大なバラッド。

アルバム中、最も重要な曲だ。

この曲の歌詞の内容については、敢えて触れないことにする。

聴いて頂いて、とにかく何かを”感じて”欲しい

CHABOの書く、ストーリー・テリング的な歌詞が、聴く者全ての心をわしづかみにする

とだけ言っておこう。

 

↓では、以下3曲、ライヴ映像でじっくりご堪能ください。

 

★ 『Get Back』

 

 

★ 『天の川サーフ』

 

 

★ 『R&R Tonight』

 

 

 

 

 

 

evergreen

Japanese Rock n' Rollの頂点を極めた名作。            ~The Groovers (Pt.1)~

 

The Groovers (ザ・グルーヴァーズ)

 

数少ない、僕が全幅の信頼を寄せる、日本が誇る最強のロックンロール・バンドである。

 

さて、今回紹介したい名作は、日本最強のロックンロール・トリニティ、

The Grooversが1997年に発表し、

ジャパン・メイドのロックンロール・アルバムとしての頂点を極めた

(トリオ編成になってからの)4thアルバム、『Electric Whisper』 。

(1997年発表、2007年リマスター)

 

僕はこのアルバムをリアルタイムで聴き、

「日本にもこんなに素晴らしいロックンロール・バンドがいるのか!!!」と、

「ガツン!!!」と、頭をカナヅチで思い切り殴られたかのような強い衝撃を受けたのを、

つい昨日のことのように覚えている。

以来12年間、すっかり彼らの楽曲及びライヴの”虜”になってしまっている。

 

特にライヴに関して言うならば、この12年間で彼らのライヴを観た回数は数知れず。

ツアーの度に買ったTシャツも数知れず(笑)

(いや、これがホントに毎回、デザインがイカすんだよな~。)

今でも、都合さえつけば、関東や関西にもライヴ遠征している。(僕は愛知県在住。)

 

彼らのライヴは、決してロックンロール・ジャンキーの期待を裏切らない。

だからライヴ遠征もやめられないのだ(笑)

 

現在、最新アルバム『Route 09』発売されたばかりで、

先日、名古屋公演(at クラブ・クアトロ)を観に行き、

相変わらずのイカシたロックンロール・ライヴに、終始アドレナリンが出っ放しだった。

 

・・・おっと、話が逸れてしまった。

The Grooversは現在、メジャー・レーベルとは契約していない。

・・・・恐らく、いや間違いなく意図的に。

彼らへのRESPECTを公言する日本のミュージシャンも多く、

東京のライヴでは、”Bump Of Chicken”のフロントマン、藤原君を客席で見かけたこともある。

 

そんな彼らがメジャー・レーベル、”ポリドール”在籍時にぶっ放した、

”奇蹟”のロックンロール・アルバムが、今回紹介したい『Electric Whisper』である。

 

僕が彼らの音楽に惹かれるのには、いくつかの理由がある。

 

まず、彼らは、どこにでも居るような、”並”のロックンロール・バンドではない。

勢いだけではなく、押すことも引くことも心得た巧みな演奏能力

ライヴでの、バンド名どおりの圧巻の”Groove”

フロントマンである藤井一彦の書く、ある種哲学的、文学的なインテリジェンスを感じさせる歌詞の世界

多くのミュージシャンからRESPECTされる理由も、そんなところにあるのだろう。

 

The Grooversのアルバムには傑作が多いので、一枚に絞るのは難しいのだが、

今回は、僕が彼らと、まさに「運命的」な出会いを果たしたアルバム、

『Electric Whisper』から、何曲かのPVを観て頂きたい。

また、彼らの、他の傑作アルバム群についても、随時記事にしていきたいと思っている。

 

↓ では、アルバム『Electric Whisper』収録曲のPVをご覧頂こう。

 

★ 『The Longest Night』

 

★ 『プリテンダー』

 

★ 『Sweetheart Of My Soul』

 

★ 『欠けた月が出ていた』

 

 

 

evergreen

孤高のBlues Rock Guitarist の豪放な快作!            ~Marc Ford~

 

さて、今回紹介したい作品は、Marc Ford(マーク・フォード)のアルバム、

『Weary And Wired』 (2007年)。

 

”Marc Ford”という名前に、ピン!とくる方も多いのではないだろうか。

彼は、”Burning Tree”(バーニング・トゥリー)というバンドのフロントマンとしてデヴューを果たし、

解散後は、あのThe Black Crowesにもギタリストとして参加し、数枚のアルバムを残した。

The Black Crowesでは、かなり良い仕事をしていたので、ご存知の方も多いだろう。

今回紹介したい彼のソロ・アルバム、『Weary And Wired』では、

ぶっとく、粘っこいギター・サウンドで、

とにかく「豪快」という言葉がピッタリなBlues Rockを展開してくれている。

(ヴォーカルももちろんMarc本人がとっている。)

このテの音楽が好きな方にとっては、たまらなく爽快な快作、と言えるだろう。

楽曲(カヴァー曲含む)もかなり充実していて、聴く者を飽きさせない出来映えである。

 

↓以下、YouTubeのライヴ映像にリンクを張っておいたので、

興味のある方は是非、ご覧頂きたい。

(全曲、オリジナルは、アルバム『Weary And Wired』に収録されています。)

 

 

★ 『Medicine Time』 (ライヴ映像)

 

★ 『Bye Bye Suzy』 (ライヴ映像)

 

★ 『Don't Come Around』 (ライヴ映像)

 

★ 『Greazy Chicken』 (ライヴ映像)

 

 

 

 

 

 

evergreen

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。