evergreen

フリーエリア

フリーエリア

最新記事

最新コメント

フリーエリア


相互リンク 検索エンジン登録

フリーエリア

フリーエリア

人気ブログランキングへ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

サイトマップラス
Powered by SEO対策

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
ROCK (14)
R&B (3)
JAZZ (0)
J-POP (1)
JAZZ FUNK (1)
ORGANIC (1)
SMOOTH JAZZ (1)
BLUES ROCK (3)
BLUES (1)

月別アーカイブ

プロフィール

shugogogo

Author:shugogogo
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

evergreen

Welcomeback!再び躍動するフィリー魂!!!                        ~ The Hooters ~

 

 

ちょっと間が空いてしまいました。

 

さて、今回紹介したい作品は、The Hooters(ザ・フーターズ)の最新ライヴ・アルバム『Both Sides Live』。

 

”The Hooters”と聞いて、「懐かしい!」と思われた方もおいでだろう。

 

まずは、The Hootersを知らない方に、彼らの経歴等、簡単な説明を。

 

彼らThe Hootersは、アメリカはフィラデルフィア出身の、アメリカン・ルーツ・ミュージックをベースにしたロック・バンド。

”The Hooters”というバンド名の由来は、普通、ロック・ミュージックでは使われることの無い楽器である、

HOOTER(フーター、別称”メロディカ”とも呼ばれる)を大胆にロック・サウンドに取り入れたことから来ている。

 

耳に馴染みやすく、どこか温かく、どこかセンチメンタルなメロディと卓越した演奏技術、圧倒的なライヴ・パフォーマンスで、

80年代半ば~'90年代半ばにかけて、本国アメリカはもちろん、日本でも大変な人気を博した。

 

しかし、'90年代に入り、時代が彼らを置いてきぼりにしてしまった。

アルバムのセールスが振るわなくなってきてしまったのだ、

極めてクオリティの高い作品を発表し続けたにもかかわらず・・・。

 

くしくもバンド史上最高傑作との呼び声も高いアルバム『Out Of Body』 ('93年)の発表を最後に、彼らの名前が聞かれることは、徐々に無くなってしまっていった。

 

・・・・・そして十数年もの月日は流れ、彼らがまた、ドイツなど、ヨーロッパに活動の拠点を移し、活動を再開したらしい、とのニュースをキャッチし、

僕のようなかつてのファンは、気が気じゃなくなっていた。

 

そしてついに!!! 

2007年、『Time Stand Still』という、実に14年ぶりの新作アルバムがリリースされたのである!

僕はこの新作を聴いて、もう涙が出るほど嬉しかった!!!

彼らが戻ってきてくれたことはもちろん、その新作の素晴らしい出来映えに、ひたすら感動したのである。

 

彼らは、アルバム『Time Stand Still』の中で、こんなふうに歌っている。

アルバムの冒頭を飾る力強いロック・ナンバー『I'm Alive』では;

I'm alive, I'm alive   It's a beautiful day and I'm happy to say I'm alive

 

『Where The Wind May Blow』では;

We'll go where the wind may blow  Through the ice and snow  Through the fires below

Away to a brand new day  You and I will go Where the wind may blow

 

そしてアルバムのラストを飾る壮大なバラッド『Free Again』では;

”That I'm free again  Nothings gonna bring me down  Free again  

I found me again  Back on solid ground  Free again

 

もうおわかり頂けただろう。

アルバム『Time Stand Still』で、彼らは”復活”ののろしを高々と揚げたのである。

言い換えるのならば、このアルバムは、彼らの”決意表明”みたいなものだ。

彼らは再び、かつての”Solid Ground”に戻ることを決意した・・と僕は受けとめた。

 

そして2008年、”復活”のスタジオ録音盤『Time Stand Still』に続いてリリースされたのが、

今回紹介したい最新ライヴ・アルバム『Both Sides Live』なのである。

このアルバムは2枚組となっていて、それぞれ『The Electric Factory』、

『The Secret Sessions』と名づけられ、

前者はタイトル通り、エレクトリック・ライヴ・パフォーマンスが収められており、後者はアコースティック・ライヴ・パフォーマンスが収録されている。

選曲は、まさに”Best Of Best!”といった感じで、新旧の名曲群がズラリと並んでいる。

ロックンロールの躍動感に満ち溢れた『The Electric Factory』、

リラックスした演奏が楽しめる『The Secret Sessions』ともに、本当に素晴らしいライヴ・パフォーマンスだ。

僕がこれまで聴いてきた数々のロックンロールのライヴ盤の中でも、屈指の出来映えだ。

元々、ライヴでの演奏能力の高さには定評のあるバンドだが、ズラリと並んだ名曲、名演は、鳥肌モノである。

2枚のうち、重複して収められている楽曲が多いが、

エレクトリックとアコースティックのパフォーマンスは全くの”別物”である上、

↑ amazon.co.jpでは、2枚組であるにもかかわらず、2,000円を切っている(2009年9月現在)というのも嬉しい驚きだ。

 

・・・・・だが、僕には大きな不満がある。

何故、復活作『Time Stand Still』、そして今回紹介した『Both Sides Live』が、

日本盤としてリリースされていないのか。

あのThe Hootersが戻って来たんだぞ!素晴らしい復活作と珠玉のライヴ盤を携えて!

僕はこの素晴らしいライヴ・パフォーマンスを、是非とも生で体験したい!

 

どこかのお偉いさんじゃないが、彼らを日本に呼ぶための「国民運動」を起こしたい気分だ(笑)

 

 

↓ では、彼らの名曲の数々を、楽しんで頂こう。クリック!

   (これらの楽曲のライヴ・テイクは、全て『Both Sides Live』に収録されています

 

★ 『25 Hours A Day』 (PV)

 

★ 『Satellite』 (PV)

 

★ 『Karla With A K』 (Live)

 

★ 『Day By Day』 (Live)

 

★ 『And We Danced』 (PV)

 

★ 『Johnny B』 (PV)

 

★ 『I'm Alive』 (Live, Acoustic)

 

 

 

スポンサーサイト

evergreen

日本最強のRock Guitarist Unit、渾身の大傑作。                ~ 麗蘭 ~

 

前回、日本が誇る最強ロックンロール・トリニティ、”The Groovers”を紹介したとこる、

何人かの方々から、非常に好意的なご意見、ご感想を頂いた。
(メッセージを届けてくれた皆さん、ありがとうございました!)

だから、というわけではないけれども、

今回もJapanese Rockの名作を紹介したいと思う。

 

今回紹介する作品は、”麗蘭” (れいらん)の2ndアルバム、

SOSが鳴ってる』(2004年)。

 

まずは、麗蘭というユニットについて少し説明を。

麗蘭は、元RCサクセションのギタリスト、仲井戸”CHABO”麗市と、

元The Street Slidersのギタリスト、土屋”蘭丸”公平の二人のギタリストのユニット。

二人の名前及びニックネームが由来となり、ユニット名は、”麗蘭”。

ここで勘違いして欲しくないのは、ギタリストのユニットであるから、

ギター・プレイ、テクニックを前面に押し出したユニットでは・・・と思われる方も居るかもしれないが、

それは大きな間違い。

確かに、二人とも日本を代表するロック・ギタリストであるものの、

飽くまで、メロディや歌詞、ロックンロールのダイナミズムに重きを置いたユニットである、ということ。

 

今回紹介したいアルバム、『SOSが鳴ってる』は、実に13年ぶりにリリースされた2ndアルバム

アルバムのオビには、こんなキャッチ・コピーが。↓

「大人になってしまったロックンロールエイジに贈る、永遠のゲットバック・アイテム」

この文言は、このアルバムの内容を極めて端的に、的確に表現している。

現在30代~50代くらいの、かつて若き頃に”ロックンロール・ミュージック”に夢中になった、

いわゆる”大人になってしまった”世代のハートにガンガン突き刺さってくる名曲のオンパレード

繰り返すが、演奏はもちろんのこと、何よりも、メロディ、歌詞が「グッ!」と来る

(ちなみに僕は現在、30代半ば)

 

これぞ、Japanese Rockの名盤である!

 

アルバム『SOSが鳴ってる』から、今回、音源及び映像を紹介するのは3曲。

このアルバムは、本当に佳曲揃いなので、もっと多くの曲を紹介したかったのだが、

3曲のみの紹介に留まるに至ったことは少々残念。

だが、以下に紹介する3曲も、全て佳曲なので、是非楽しんで頂きたい。

特に注目して頂きたいのは、歌詞。

これを読んでくださっている貴方が、”大人”ならば、

これらの曲の歌詞には、少なからず共感を覚えるはずだ。

紹介する曲は、『Get Back』、『天の川サーフ』、『R&R Tonight』。

 

● 『Get Back』では、”長い夜に嘆くのはもう終わりにして、いつかのあのメロディを口ずさもう”

と、かつて夢中になった音楽に対する憧憬の心情と共に、

ひたすら人生をサヴァイヴしていこう

という内容の歌詞を、イキの良い、痛快なロックンロールな演奏に乗せて歌われている。

 

● 『天の川サーフ』は、クールでリズミカルな演奏の上で、

ファンタジックで清々しい歌詞が乗った、ゴキゲンなLove Song。

このライヴ映像では、二人のギターの掛け合いも大きな見所!

 

● 『R&R Tonight』は、このアルバムのラストを飾る、壮大なバラッド。

アルバム中、最も重要な曲だ。

この曲の歌詞の内容については、敢えて触れないことにする。

聴いて頂いて、とにかく何かを”感じて”欲しい

CHABOの書く、ストーリー・テリング的な歌詞が、聴く者全ての心をわしづかみにする

とだけ言っておこう。

 

↓では、以下3曲、ライヴ映像でじっくりご堪能ください。

 

★ 『Get Back』

 

 

★ 『天の川サーフ』

 

 

★ 『R&R Tonight』

 

 

 

 

 

 

evergreen

Japanese Rock n' Rollの頂点を極めた名作。            ~The Groovers (Pt.1)~

 

The Groovers (ザ・グルーヴァーズ)

 

数少ない、僕が全幅の信頼を寄せる、日本が誇る最強のロックンロール・バンドである。

 

さて、今回紹介したい名作は、日本最強のロックンロール・トリニティ、

The Grooversが1997年に発表し、

ジャパン・メイドのロックンロール・アルバムとしての頂点を極めた

(トリオ編成になってからの)4thアルバム、『Electric Whisper』 。

(1997年発表、2007年リマスター)

 

僕はこのアルバムをリアルタイムで聴き、

「日本にもこんなに素晴らしいロックンロール・バンドがいるのか!!!」と、

「ガツン!!!」と、頭をカナヅチで思い切り殴られたかのような強い衝撃を受けたのを、

つい昨日のことのように覚えている。

以来12年間、すっかり彼らの楽曲及びライヴの”虜”になってしまっている。

 

特にライヴに関して言うならば、この12年間で彼らのライヴを観た回数は数知れず。

ツアーの度に買ったTシャツも数知れず(笑)

(いや、これがホントに毎回、デザインがイカすんだよな~。)

今でも、都合さえつけば、関東や関西にもライヴ遠征している。(僕は愛知県在住。)

 

彼らのライヴは、決してロックンロール・ジャンキーの期待を裏切らない。

だからライヴ遠征もやめられないのだ(笑)

 

現在、最新アルバム『Route 09』発売されたばかりで、

先日、名古屋公演(at クラブ・クアトロ)を観に行き、

相変わらずのイカシたロックンロール・ライヴに、終始アドレナリンが出っ放しだった。

 

・・・おっと、話が逸れてしまった。

The Grooversは現在、メジャー・レーベルとは契約していない。

・・・・恐らく、いや間違いなく意図的に。

彼らへのRESPECTを公言する日本のミュージシャンも多く、

東京のライヴでは、”Bump Of Chicken”のフロントマン、藤原君を客席で見かけたこともある。

 

そんな彼らがメジャー・レーベル、”ポリドール”在籍時にぶっ放した、

”奇蹟”のロックンロール・アルバムが、今回紹介したい『Electric Whisper』である。

 

僕が彼らの音楽に惹かれるのには、いくつかの理由がある。

 

まず、彼らは、どこにでも居るような、”並”のロックンロール・バンドではない。

勢いだけではなく、押すことも引くことも心得た巧みな演奏能力

ライヴでの、バンド名どおりの圧巻の”Groove”

フロントマンである藤井一彦の書く、ある種哲学的、文学的なインテリジェンスを感じさせる歌詞の世界

多くのミュージシャンからRESPECTされる理由も、そんなところにあるのだろう。

 

The Grooversのアルバムには傑作が多いので、一枚に絞るのは難しいのだが、

今回は、僕が彼らと、まさに「運命的」な出会いを果たしたアルバム、

『Electric Whisper』から、何曲かのPVを観て頂きたい。

また、彼らの、他の傑作アルバム群についても、随時記事にしていきたいと思っている。

 

↓ では、アルバム『Electric Whisper』収録曲のPVをご覧頂こう。

 

★ 『The Longest Night』

 

★ 『プリテンダー』

 

★ 『Sweetheart Of My Soul』

 

★ 『欠けた月が出ていた』

 

 

 

evergreen

”King Of American Rock n' Roll”、堂々の復活作!                    ~John Fogerty~

 

今回紹介したい名作は、”King Of American Rock n' Roll”、

John Fogerty (ジョン・フォガティ)のアルバム『Blue Moon Swamp』 (1997年)。

 

John Fogertyは、1970年代に活躍したアメリカを代表するRock n' Roll Band、

”C.C.R." (Creedence Clearwater Revival)のフロント・マンだった人物。

John Fogerty、C.C.R.と聞いて、若い方の中には、ピンとこない人も多いだろう。

1970年代に大ヒット曲を連発し、アメリカのロック・シーンを疾風の如く駆け抜けたバンドが、C.C.R.である。

当時、日本でも彼らの名を一躍有名にした曲は『Have You Ever Seen The Rain?』

(邦題:『雨を見たかい』)である。

この曲のメロディはまさに日本人好みで、フォーク・ロック調の演奏と相まって、

日本でも人気を博し、来日公演も果たしている。

そのC.C.R.のフロント・マンだった人物が、今回紹介したいJohn Fogertyであり、

C.C.R.在籍中は、殆どの曲の作詞・作曲、ヴォーカル、リード・ギターを担当しており、

そういう意味においては、C.C.R.は、Johnの”ワンマン・バンド”だったと言えなくもない。

 

C.C.R.解散後は、4枚のソロ・アルバムを残すも、いずれも大成功には結びつかなかった。

そして、ソロ・アルバムとしては11年ぶり(!)となる1997年に発表され、

”King Of American Rock n' Roll”の名声を取り戻したのが、

今回紹介したい完全復活作、『Blue Moon Swamp』なのである。

ロックンロールの”ツボ”を心得たギター・ワーク、ヴィンテージ・ギターのコレクターとしても有名な、

彼のギターから放たれる素晴らしく”ヌケ”の良いギター・サウンド、

そして何よりも、C.C.R.の黄金期と遜色ない卓越したソングライティングは、

ただただ「素晴らしい!」の一言に尽きる。

そしてこのアルバムは、結果的にその年のグラミーを受賞し、「John Fogerty完全復活」を強く印象付けた、

彼の長いキャリアの中でも「代表作」となった一枚なのである。

 

余談ではあるが、当時、僕はこのアルバムの素晴らしい出来栄えにいたく感激し、

つたない英語で、「是非とも来日公演をやって欲しい」旨のファン・レターを書いたのを覚えている。

しかし、ソロになってからの彼の来日公演は未だに実現していない。

これほどまでに日米間の”温度差”の激しいミュージシャンも珍しいだろう。

僕はいつまでも、彼がいつか来日してくれるのを願い続ける。

 

↓以下、YouTubeからのライヴ映像。(2曲とも、オリジナルは『Blue Moon Swamp』に収録されています。)

イカシたロックンロールをご堪能ください!

 

★ 『Hot Rod Heart』

 

★ 『Bring It Down To Jelly Roll』

 

 

 

evergreen

Bluesy! Funky! Groovy!    ~Marshall & The Fro~

 

今回紹介したいのは、オーストラリア出身のFunky Blues Rock Band

”Marshall & The Fro” (マーシャル&ザ・フロー)のデヴュー・アルバム、

『Marshall & The Fro』(2007年発表)。

 

Marshall & The Froは、Marshall Okell (ギター、ヴォーカル)、

Nick Ohlson (ベース)、Jacob Mann (ドラムス)のトリオ編成。

 

さて、この1stアルバムなのだが、表題どおり、BluesyFunkyでGroove感満載の快作となっている。

 

特徴的なのはBluesyなスライド・ギター、Funkyな跳ねるビート、程よくPOPなメロディ

ちょっと強引な表現をするならば、

North Mississippi Allstarsと、G.Loveを足して2で割ったような音楽性を有しているとも言えなくもない。

 

アルバムのクオリティも高く、日本盤も発売されているというのに、

何故かまだ日本での認知度がカナリ低いのが、個人的には非常に納得がいかない(笑)

 

そろそろ、新作、新曲の発表も気になるところだが、

今後、World Wideな活躍が期待される、要注目のバンドだ。

 

Bluesy" "Funky" "Groovy"・・・このキーワードのうち、一つでも気になる方は是非、

↓に張り付けた、彼らのYouTube動画(PV)をご覧頂きたい。

 

 

★ 『Get Up』 (PV)

 

 

★ 『Thongs』 (PV)

 

evergreen

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。